みんなのルミエールランタンが見たい!口コミやOD缶のカスタム、廃盤と噂の!?インディゴも


ルミエールキャンドルランタン

テーブルの主役級!?レトロな外見で人気の【コールマン・ルミエールランタン】。その凛とした佇まいに心惹かれる人達へ、ルミエールランタの魅力を一挙公開!口コミは勿論の事、人気のルミエールランタン インディゴの詳細や、他メーカーランタンとの比較。はたまたOD缶をカスタムする方法から、キャンプで燃料を統一する事例などなど。その魅力を余す事なく公開します!更にプチ情報として「ルミエールランタンにそっくり!」な 知る人ぞ知る、ミュージック機能付きのLEDランタンもリサーチしたので是非一緒にご覧ください。



みんなのルミエールランタン見せて!口コミも抜粋

まずは、ルミエールランタンを楽しんでいる人や画像を紹介しつつ、気になる口コミも公開します。

「欲しいな~」と思いながらも、迷いに迷い… でも、実際に手に入れた時の喜びはひとしおですね!

 
 


テーブルランタンを集めて灯す癒しの時間。こちらはホヤの部分に模様があしらわれたコールマン・ルミエールランタン・インディゴ。

 
 

 みんなの口コミ
 似た様な製品は各社ありますが、ちょっとアンティークな感じで一番雰囲気があるのでは。
想像通り絶対的な明るさは無いですが、揺らめく炎に癒されます。
形状にフィットした専用ケースも付いているので、持ち運びも安心です。
調理等で使うには心許ない残量のOD缶を使い切るのに重宝しています。
by amazon

 

 みんなの口コミ
 ソロキャンプで使用しております。ガスランタンの定番商品ですね。ゆらゆら揺らぐ炎でキャンプシーンを盛り上げます。雰囲気はありますが夜間の照明は苦手です。明るさ、実用性を重んじるならLEDなどが得意だと思います、用途に応じて使い分けましょう。あと、この商品は炎の強弱の機能が備わっていますが、炎を最大にしても時間が経過すると弱くなります。しかし、使用回数重ねても致命的な故障はなく頑張っております。街の遊撃手みたいに活躍させてあげましょう。
by amazon

アマゾンではルミエールランタンの口コミが沢山あるので、ホヤが割れやすい?などと心配な事があればチェックしてみて下さいね!

ルミエールランタンのスペックおさらい

ルミエールランタン

お次はルミエールランタンのサイズ感やコスパなどをサクっとまとめていきます。

【ルミエールランタン】

サイズ 高さ:18.3cm 直径7.3cm
重さ 210g
燃焼時間 約28~38時間(230g缶使用時)

ルミエールランタンの価格

 

ルミエールランタン 定価¥5871

↓最新価格↓

廃盤?ルミエールランタンインディゴ

ルミエールランタンインディゴ

コールマンとMonroがタッグを組んだインディゴレーベルにルミエールランタンも登場しています。ホヤの部分に模様があしらわれていて、美しすぎる!と人気なのですが、巷では、「ルミエールランタン インディゴは廃盤!?」なんて噂もあるようです。でも、それはただの噂なのでご安心を!anazonをはじめ、コールマンの公式ストアーでも販売されています。(2019.1 現在)

  
因みに、インディゴのホヤ単品での販売もあります。

 

インディゴのホヤのみ 定価¥3240

※2019.1 現在

ルミエールランタンをカスタムしてもっと楽しもう!

ガス缶カバーDIY

外見の美しさや雰囲気が抜群のルミエールランタンですが、このおしゃれなランタンをもっと自分好みにカスタムする事例を紹介します。

OD缶をカスタムして楽しもう!

OD缶カバーby 楽天

ルミエールランタンに装着する燃料はOD缶ですが、このOD缶をそのまま使用するのは味気ない!という事で、ガス缶カバーをカスタムする人がふえています。OD缶をおしゃれにする方法は、↓ 以前に紹介しましたが、ペンキを塗ったりカバーを自作したり、思い思いに皆さん楽しんでいますよ。

=> 【ルミエールランタン ガス缶カバー】あなたはDIY派?それとも買っちゃう? 

 
通販ショップでOD缶カバーを購入する方法もありますが、値段が高いのが玉にきず・・・

 
メルカリなどでハンドメイドのカバーを購入する事もできるので、探してみると楽しいですよ。自分でOD缶カバーをカスタムした人は例えばこちら
https://twitter.com/AjigomiCamp/status/1088377623795978240

  
もし、「自作するのも難しいし、購入するのも面倒くさい!」という場合には、ガス缶そのものがおしゃれな『コールマンインディゴレーベル』のOD缶にするのもおすすめです。白とブルーで雰囲気もUPします!

↓ ルミエールランタンインディゴに装着するとこんな感じです
ルミエールランタンインディゴレーベル※出典緑のGoo

手に入れたら、よりおしゃれに装いたくなるルミエールランタン。あなたも思い思いに楽しんでくださいね。



ルミエールランタンにそっくりなLEDランタンも大注目!

LEDランタンキャンプ

お次に紹介するのが、ルミエールランタンにそっくり!と噂の『LEDランタンスピーカー MORIMORI 』です。外見はルミエールランタンと売りウリふたつ なのですが、こちらはガスを使用しないLED仕様となっています。さらに、Bluetoothで接続すれば音楽が聞ける!という嬉しい機能付き。ルミエールランタンラバーなら、若干、邪道な気がしてしまうかもしれませんが(汗)手軽に明りを楽しむという事で、部屋の中やテントの中で気兼ねなく使う事も可能です。

因みに販売元は、おしゃれなLEDライト(ランタン)を企画開発している会社さんで、別にコールマンのパチ物というわけではございません。
  

キャンプの燃料はOD缶で統一しよう

最後は、燃料のお話です。よく聞く話だと思うのですが、メインランタンと、テーブルランタン、バーナーなど・・・の燃料は統一した方が便利です。メインランタンはホワイトガソリンで、ルミエールランタンはLPガス・・・となると、荷物も増えますから、持っていくギアの燃料は統一しちゃいましょう!
という事で、ルミエールと同じOD缶ガスを使うギアを最後に紹介します。

 
【CD缶を使う・メインランタン】
インディゴルミエール
※出典Coleman

コールマンのノーススターです。写真は2017年発売のインディゴレーベルシリーズ。『IL 2500ノーススター®LPガスランタン(ネイビー)』 ルミエールランタンとお揃いのインディゴレーベルをメインランタンにすれば、キャンプサイトの統一感もUPします。

ノーススターの良い所と悪い所はここでまとめています。
=>コールマン”ノーススター”チューブマントルランタン ってこんなヤツ!

  
【CD缶を使う・ソロキャンプにおすすめランタン】

コールマン ランタン フロンティア PZランタン

コールマンから、『フロンティアPZランタン』は明るさは80W相当と大光量ではありませんが、必要な分だけ照らす雰囲気あるランタンです。ソロキャンプやバイクツーリングに使う人も多いとか。
これとルミエールランタンを両方持参するソロキャンパー。かっこいいですね。

しかも、本体価格が安く、燃費も良い!といういい事ずくめ!

  
【CD缶を使う・クイックヒーター】

肌寒い時期のキャンプにあると便利なクイックヒーター。私もホームセンターで見た時、「あまり温かくないんじゃない?」なーんて思っていたのですが、、、結構温かいらしいです!wwレビューでは好評でした。
これもLPガスで稼働します!

  
【CD缶を使う・憧れのツーバーナー】
ツーバーナー
出典:Akimama

ツーバーナーをキャンプで使っている人もいるのでは? こちらはコールマンの『パワーハウス®LP ツーバーナーストーブ Ⅱ(インディゴ)』と、インディゴシリーズのツーバーナーで、背面もおしゃれなデザインになっています。キャンプになれてくるとツーバーナーの手軽さがたまらないかもしれませんね。

ルミエールランタンと比較したいテーブルランタン

お次は、ルミエールランタンと同じく、テーブルを灯りで包み込むランタンを紹介します。

【リトルランプノクターン】

ノクターン

サイズ 高さ7.5cm 直径4.2cm
重さ 102g
燃焼時間 約35時間(220g缶使用時)

よく、ルミエールランタンと比較されるスノーピークの『リトルランプノクターン』です。
高さはリトルランプ・ノクターンの方が低く、重さも100gくらい軽い、軽量コンパクトなおしゃれランタン。よりコンパクトなテーブルランタンが欲しい場合はノクターンを検討してもよいと思います。定価¥3500(税別)とプチプラなのも嬉しい!

↓リトルランプノクターンの最新価格↓

 
 
【ユーコ・キャンドルランタン】

ユーコキャンドルランタン

サイズ 高さ16.5cm 直径5cm
重さ 250g
燃焼時間 約9時間
(純正キャンドル使用時)

キャンドルの揺らめく炎にいやされるユーコのキャンドルランタン。こちらは、キャンドルをランタンの中に入れて楽しむタイプでLPガスは使用しません。使っていくうちに味が出てくるブラス(真鍮)製という所もグッときます。

  
プリムスP-541マイクロランタン
プリムスP-541マイクロランタン

サイズ 高さ10.6cm 直径6.1cm
重さ 115g
燃焼時間 約8時間
(IP-250タイプガス使用時)

こちら、キャンプは勿論、登山を楽しむ人に特にオススメのランタン。理由は、割れないメタルメッシュホヤと124gの軽量感だからです!サイズは手のひらに収まる程なのに90wの明かりを放ち、アウトドアの頼れる相棒に! ソロキャンプのメインランタンとしてもおすすめです。
ルミエールランタンのような雰囲気とは又異なりますが、知っておきたい小型ランタンです。



ルミエールランタンまとめ

今日はルミエールランタンを買おうかな?!と迷っている人へ!特徴やCD缶のカスタム事例、他ランタンとの比較を記事にしてみましたがいかがでしたか?
ゆるキャンでも登場したルミエールランタン、なぜだかキャンパーの心をつかんで離さない魅力があり、とてもそそられます! 又、手に入れた後も、カスタムしてみたり自分好みにおしゃれをしてみたくなり、どんどん愛着がわいてくるギアでもあります。ホヤは割れやすいので優しく扱って、是非アウトドアの愛すべき相棒にしてくださいね!