自分にあったキャンプ用ランタンを選ぶおすすめの方法とは?



キャンドルキャンプ

今日はキャンプの相棒!キャンプを楽しく快適にすごせる!ランタンを紹介しようと思います。

キャンプで使うランタンと言っても、
・キャンプの人数
・燃料の種類
・サイトで使うのか?テント内で使うのか?

と、シチュエーションは様々ですよね。

今日紹介するランタンは、人気物ばかりですが、
究極は・・・
あなたに合ったランタン=あなたが好きな物。

なんですよね。なので、今日の記事は参考程度に読んでもらって、
「自分の好きなランタンってどれだろう?」
と考えながら、使用感やレビューを読んでみてくださいね。



あったかい炎に癒される!人気のキャンプ用ランタン

 290A740Jコールマンツーマントルランタン

コールマンはどこのキャンプ場でもみかけますよね。
これは「ツーマントルランタン」
と言いまして、マントルを2つ使用する事で明るさも確保できるという物。

・燃料はホワイトガソリン
を使用します。

=>リアルタイム最安値ショップはここ

最初は使い方がわからなくても大丈夫!
youtubeを見れば使い方をレクチャーして貰えますから。

ほんと、便利な世の中になったものです★

ツーマントル程の明かりが必要ない。って人はこのランタン

コールマンツーマントルランタン

こちらは、コールマンのワンマントルランタン。

その名の通り、マントル1個のランタンで、
ツーマントルより、光量は落ちますが、ツーマントルが明るすぎる!って人におすすめ。。
そして、値段も、ワンマントルの方が格段と安いです。

=>リアルタイム最安値はここ

これも、燃料はホワイトガソリンです。

そうそう。ランタンですが、サイト全体を照らす用と、テーブル用と、
2個持ちする人が多いと思いますが、燃料は統一したようがいいですよ。

ホワイトガソリンも、LPガスも、灯油も。
なんて、燃料を準備して運ぶだけでも場所を取りますからね。



ユニークな炎を演出する!?キャッチコピーがイカス!ランタン

フォールディングガスランタンUL

ユニークな炎を演出する。という企業理念を掲げる
ユニフレームのランタンは、LPガス使用です。

ユニフレームは、新潟県に拠点を置く鉄器メーカー。
安心の日本製という事で、バーベキューコンロや、テント、ランタンと、
ユニフレーマーと言われる、ユニフレームファンが多いのですが、

このランタンはさすが!日本メーカー。
きめ細かさが違います。
これぞ!お・も・て・な・し精神!?ww

本体はこんな形ですが、、、、
ユニフレームフォールディングガスランタンUL

こうやって、収納が出来て持ち運びに便利!
ユニフレームフォールディングガスランタンUL収納

メッチャコンパクトになります♪

値段は1万ちょっとでして、
最安値ショップをまたさがしました。

=>最安値ショップはここ

LPガス使用で、カセットコンロに使う3本300円とかで売ってる
ガスを使えるなんて!なんて経済的★

と、思うのですが、残念な事に、ユニフレームの純正LPガスでないと、
光量が落ちてしまいますのでご注意を!

スペックや詳しい長所短所はこちらでまとめたので、チェックしてみてください。

やっぱり憧れ!芸術品!と呼ばれるランタン

ペトロマックスおすすめ

ランタンの芸術品★とも呼ばれるペトロマックス。

ドイツだったかな。軍隊が使ってるそうで、きちんとメンテすれば頑丈で
一生物。との事!

それより、なにより、この美しいたたずまいはやはり芸術品。との呼び名にふさわしい!

=>ペトロマックスに、みんなが燃える理由はここで記事にしたのでどうぞ。

癒し系のキャンドル風ランタン

ルミエールランタンコールマン

最後に紹介するのは、キャンドルではないけれど、キャンドル風な佇まいの、
ルミエールランタン!

ルミエールランタンの最安値はここ

ロマンチックですよね。
これは、テーブルサイドに置いたりして、雰囲気を出すにはもってこいのランタンです。

ルミエールランタンはファンも多く、
この美しさを壊したくない。といって、LPガスを目隠しするカバーを使う人がいる程!

ルミエールランタンカバールミエールランタン カバー

ルミエールランタンのカバーはここでも紹介したのでチェックしてみてください。